AI を活用したパーソナライズされたサブスクリプション サービスが顧客維持率を向上させる 5 つの方法

2023-03-07T16:47:00+01:00

競争の激しい中で eコマース 今日の状況では、顧客維持がこれまで以上に重要になっています。 Invesp のレポートによると、新規顧客を獲得するには既存顧客を維持するよりも 7 倍のコストがかかります。さらに、わずか 5% 多くの顧客を維持するだけで、企業の利益は 25-95% 増加します。これらの統計は、e コマース運営における顧客維持の重要性を浮き彫りにしています。この目標を達成する効果的な方法は、パーソナライズされたサブスクリプション サービスを使用することです。成果を向上させるために、企業は AI を活用したパーソナライゼーション アルゴリズムを使用してサービス提供を改善し、忠実な顧客を長期的に維持できます。

パーソナライズされたサブスクリプション サービスとは何ですか?

パーソナライズされたサブスクリプション サービスは、サブスクリプションされた製品の定期的な配送を顧客に提供する e コマース モデルの一種です。これは、各顧客の特定のニーズを満たし、顧客に固有のパーソナライズされたエクスペリエンスを提供するように調整されたサブスクリプション サービスです。その結果、これらのカスタマイズされたサブスクリプション サービスは、顧客の忠誠心と維持を高め、各顧客の生涯価値の向上につながります。

パーソナライズされたサブスクリプション サービスの例には、顧客の個々のスタイルと好みに基づいて衣装を推奨するアパレル サブスクリプション サービス、顧客の栄養上のニーズと好みに基づいてカスタムの食事プランを作成するパーソナライズされた食事配達サービス、カスタム ビューティー ボックスを作成するパーソナライズされたビューティー サブスクリプション サービスが含まれます。お客様の肌のタイプ、肌の色、好みに基づいて。月々のサブスクリプション料金でストリーミング サービスを提供する Netflix、Prime、Apple TV などのサービスもこのカテゴリに分類されます。これらのサービスは、個々のニーズに合わせて調整された独自のパーソナライズされたエクスペリエンスを顧客に提供し、全体的により魅力的で楽しいエクスペリエンスを生み出します。

パーソナライズされたサブスクリプション サービスにおける AI の役割とは?

e コマースの他の多くの側面と同様に、人工知能はパーソナライズされたサブスクリプション サービスの提供に前例のない効率性をもたらしています。強力なアルゴリズムと堅牢な技術に裏打ちされた AI は、サブスクリプション サービス企業が人的介入を最小限に抑えてエクスペリエンスを調整し、生産性とサービスの速度を向上させるのに役立ちます。

パーソナライズされたサブスクリプション サービスの提供における AI の役割は、4 つの重要なポイントに要約できます。それらが中に含んでいる:

顧客セグメンテーション

顧客セグメンテーション 人口統計、行動、興味、購買行動などの共通の特性に基づいて、顧客ベースを小さなグループに分割するプロセスです。セグメンテーションが実装への最初のステップであることは周知の事実です。 パーソナライズ。顧客を小さなグループに分割することで、企業は顧客のニーズや好みをより深く理解できるようになり、データベース内の各個人に合わせてカスタマイズされた製品パッケージをより適切に設計できるようになります。セグメンテーションは、企業がマーケティング活動のターゲットをより適切に絞り、潜在顧客がこれらのパーソナライズされたサブスクリプション サービスを選択する可能性を高めることも意味します。

1TP239セグメンテーションに役立つ一般的な AI 手法には、予測モデリング、自然言語処理 (NLP)、強化学習、クラスタリング アルゴリズムなどがあります。これらの各手法は、さまざまなソースからの広範なデータを処理および分析する AI の優れた能力を活用して、実用的な顧客セグメントを作成する方法を生成します。たとえば、小売企業はクラスター アルゴリズムを使用して、購入した製品、購入頻度、支出額などの購入履歴に基づいて顧客のセグメントを識別することができます。 Verしたがって、マーケティング担当者はそのような情報を使用してコンテンツを設計し、各セグメントの顧客のサブスクリプション ボックスの価格を決定できます。したがって、AI 主導の顧客セグメンテーションにより、パーソナライズされたサブスクリプション サービスを有効にして、最適な結果を得ることができます。

製品の推奨事項VELINGEN

サブスクリプション サービスを真にパーソナライズするためには、サブスクリプション ボックス内の製品が顧客がまさに求めているものでなければなりません。これは、企業がデータベース内の情報に基づいて、どの製品が顧客の関心を引くかを予測できる必要があることを意味します。 AI は、製品レコメンデーションの精度を大幅に向上させることができます。これは、AI が顧客のデータと行動を分析して、パーソナライズされた適切な製品の提案を行い、パーソナライズされたサブスクリプション サービスの作成に使用できるようにすることで、製品の推奨を推進できるためです。

製品の推奨に役立つ一般的な AI 手法は、協調フィルタリングです。ここでは、AI アルゴリズムが顧客の過去の行動と製品の好みを分析して、以前に購入または表示したものと同様のアイテムを提案します。コンテンツベースのフィルタリングは、顧客が以前に購入したアイテムとの属性の類似性に基づいて製品を提案することもできます。手法に関係なく、AI はサブスクリプション サービスがパーソナライズされていると感じさせる優れた製品レコメンデーションを行うことができます。

顧客フィードバック分析

AI アルゴリズムが顧客からのフィードバックを分析し、顧客体験が顧客のニーズと好みを継続的に満たすように改善を提案します。顧客からのフィードバックには、企業がサブスクリプション サービスをパーソナライズするのに役立つ貴重な情報が含まれています。自然言語処理は、調査、製品レビュー、ソーシャル メディアからのフィードバックを分析し、実用的な洞察を抽出できる、広く使用されている AI 技術です。これは、感情分析やトピック モデリングなどの方法によって可能になります。たとえば、感情分析を使用して、顧客が好きな製品または嫌いな製品を解読できます。これにより、ブランドはその知識を使用して、必要に応じてサブスクリプション サービスを調整できます。

LEVERINGスキーム

AI は、顧客データを使用して最適な配送スケジュールと頻度を決定することにより、サブスクリプション サービスの配送スケジュールを支援します。これにより、顧客が配達物を簡単に受け取ることができるようになり、配達を逃したり、顧客が不満を抱いたりする可能性が減少します。さらに、AI アルゴリズムは配送スケジュールをリアルタイムで追跡し、顧客の行動や好みの変化を考慮して、必要に応じて調整を行うことができます。

AI は、予測分析、機械学習、強化学習、決定木などの手法を組み合わせて使用して、各個人に最適なスケジュールを決定できます。これらの方法では、購入履歴などの顧客データを使用して、最も効果的な配送計画を決定します。その結果、パーソナライズされたサブスクリプション サービスのプロバイダーにとって、顧客満足度と維持率が向上し、効率が向上し、コストが削減されます。

AI を活用したパーソナライズされたサブスクリプション サービスは、顧客維持率をどのように改善しますか?

パーソナライズされたサブスクリプション サービスは、AI を活用した方が優れていることに疑いの余地はありません。ブランドが AI を使用して提供されるサービスの品質を向上させると、より多くの有料加入者を引き付け、収益の増加につながります。顧客の獲得に加えて、提供されるエクスペリエンスを改善すると、顧客維持率が大幅に向上します。

AI を活用したパーソナライズされたサブスクリプション サービスが、企業がより多くの顧客を維持するのに役立つ 5 つの方法を以下に示します。

便利なショッピング体験

PwC の調査によると、消費者の 73% は、便利さがポジティブなショッピング体験にとって最も重要な要素の 1 つであると述べています。利便性が人によって意味することは異なりますが、サービスの速度と正確性は一般に、ほとんどの顧客にとって利便性につながります。パーソナライズされたサブスクリプション サービスを通じて、顧客がニーズに合った製品を探す時間を節約することで、加入者はショッピング体験を満足のいくものと見なす可能性が高くなります。その結果、これらの顧客は、ブランドとの関係を拡大するために繰り返し購入します。

正確な製品の推奨事項VELINGEN

上記の AI 技術を使用して、ブランドは製品の推奨事項で顧客を繰り返し興奮させることができます。セグメント調査によると、パーソナライズされたレコメンデーションを受け取った顧客は、パーソナライズされたレコメンデーションを受け取っていない顧客よりも購入する可能性が 3 倍高いことがわかりました。この理由は大げさではありません。パーソナライズされた製品のレコメンデーションにより、意思決定のストレスが軽減され、より価値のある体験につながります。したがって、顧客は、これらのパーソナライズされたサブスクリプション サービスを、数か月または数年にわたって継続してオプトインすることをより積極的に望んでいます。

エンゲージメントの増加

Walker Information によると、顧客エンゲージメント スコアが高い企業の平均維持率は 75% であるのに対し、エンゲージメント スコアが低い企業の維持率は 13% です。これは、顧客維持に関与することの重要性を示しています。パーソナライズされたサブスクリプション サービスにより、顧客はブランドとのつながりをより強く感じることができます。その結果、彼らはさまざまなコミュニケーション チャネルを通じてブランドと関わりたいという意欲を高め、ブランドがつながりを深め、顧客をより長く維持するための絶好の機会を提供します。

最適化された LEVERING スケジュール

ブランドが顧客の好みとサブスクリプション ボックスの内容をいかにうまく一致させたとしても、配達が遅れてしまうと満足は得られません。したがって、企業はパーソナライズされたサブスクリプション サービスを提供する際に、配信スケジュールを優先する必要があります。 AI は、さまざまなアルゴリズムと技術を使用してこれを実現し、顧客が製品とサービスを予定どおりに受け取ることを保証します。配達の遅れや見逃しがないということは、ドロップアウトする可能性が低い顧客の満足度が高いことを意味します。

DATA-GEDREVEN インサイト

e コマースでは、すべてのアクティビティとトランザクションが豊富な情報源になる可能性があります。パーソナライズされたサブスクリプション サービスは、データ ソースとして例外ではありません。これらのサービスを提供することによって生成されたすべてのデータを分析することで、ブランドは顧客体験をさらに改善するためのより多くの洞察を得ることができます.たとえば、スポーツ用品ブランドは、サブスクリプション サービスからの洞察を使用して、新しいフットウェアを開発したり、既存のスポーツウェア ラインを改善したりできます。こうしたイノベーションは、お客様に喜ばれ、継続的なご愛顧の機会を増やします。

結論から言うと、AI主導 パーソナライズされた サブスクリプション サービスは、e コマースでの顧客維持率を向上させるための貴重なツールです。これらのサービスは、便利でパーソナライズされたショッピング体験を提供することで、顧客ロイヤルティを構築し、解約を減らすのに役立ちます。 e コマースで顧客維持がますます重要になっているため、AI を活用したパーソナライズされたサブスクリプション サービスは、e コマース ビジネスの成功に重要な役割を果たします。顧客維持率を向上させたい場合は、AI を活用したパーソナライズされたサブスクリプション サービスを e コマース オペレーションに実装することを検討してください。

Ga naar de bovenkant